工業用シール

工業用シールは、製品仕様の表示や操作方法・取扱の表示、注意・警告情報の表示など幅広い用途で使用されています。その使用環境や使用期間、製作数量などにより素材や製法が異なり、その選択には十分な検討が必要となります。電機、自動車、産業用機器などさまざまな分野のお客様のご使用状況に合わせ、さまざまな印刷・加工技術を提案させていただきます。

製品サンプル

サンプルNo.LS-010-012

サンプルNo.LS-010-0123

サンプルNo.1321

サンプルNo.1321

サンプルNo.LS-030-005

サンプルNo.LS-030-005

サンプルNo.LS-010-016

サンプルNo.LS-010-016

サンプルNo.135-025

サンプルNo.135-025

サンプルNo.135-029

サンプルNo.135-029

サンプルNo.LS-010-008

サンプルNo.LS-010-008

サンプルNo.135-047

サンプルNo.135-047

サンプルNo.LS-010-002

サンプルNo.LS-010-002

サンプルNo.1377

サンプルNo.1377

サンプルNo.135-002

サンプルNo.135-002

サンプルNo.1312

サンプルNo.1312

サンプルNo.135-026

サンプルNo.135-026

サンプルNo.135-046

サンプルNo.135-046

サンプルNo.3004

サンプルNo.3004

サンプルNo.1323

サンプルNo.1323

サンプルNo.LS-010-020

サンプルNo.LS-010-020

サンプルNo.410-021

サンプルNo.410-021

製法

工業用シールは、主にシール平圧印刷またはシール輪転印刷にて製作しています。

製法 製法概要
シール平圧印刷 輪転印刷シールと比較すると、印刷の精度は劣るものの少量の印刷に適しています。グラデーション印刷や広い面積の印刷、フルカラー印刷には適しません。
シール輪転印刷 平圧印刷シールと比較すると、印刷の精度に優れ、グラデーション印刷や広い面積の印刷、フルカラー印刷に適しています。ただし、小ロットでは、平圧印刷シールと比較すると、割高になる傾向にあります。
シール平圧印刷機 【シール平圧印刷機】
シール輪転印刷機 【シール輪転印刷機】

素材

工業用シールは、主に下記の素材を使用し、製作しています。

主な表面基材 表面基材の特徴 主な粘着剤
紙系基材 上質紙 上質紙は、比較的安価な素材ですが、素材表面が荒く印刷の仕上がりはあまり良くありません。上質紙<55>は薄手のタイプ、上質紙<70>は中間のタイプ、上質紙<90>は厚手のタイプです。また、あらかじめ着色された色上質紙もあります。 ○超強粘着
○強粘着
○再剥離用
○再貼付用
アート紙 アート紙は、紙の表面を顔料で目止めし印刷の仕上がりを良くしたものです。上質紙とくらべ若干光沢があります。
ミラーコート紙 ミラーコート紙は、紙の表面を目止めしスーパーカレンダーにて鏡面仕上げをしたもので、アート紙と比べてもより光沢があります。キャストコート紙やグロスと呼ばれることもあります。
フィルム系基材 ポリエステル(PET) ポリエステル(PET)は、様々な耐候性、耐水性に優れていることから主に工業向けに多用されています。白色タイプのほか透明タイプやアルミ蒸着タイプ(金色・銀色、ツヤあり・ツヤなし)、発泡タイプなどがあります。また、フィルム厚は、主に25μと50μが使用されています。 ○超強粘着
○強粘着
○再貼付用
合成紙(ユポ) 合成紙(ユポ)は、プラスチックを主原料にしたもので、紙の特性である白さ、不透明度、印刷適正とプラスチックの特性を併せ持っています。フィルム素材としては、比較的安価な素材です。
塩化ビニール(PVC) 塩化ビニール(塩ビ)は、耐候性、耐水性に優れ、屋外で使用されるステッカー用途に適しています。
その他特殊素材 上記以外にもさまざまな用途や環境での使用を考慮して作られた素材があります。 -

※素材詳細については、「シール・ステッカー」ページをご覧ください。

ラミネート加工

ラミネート加工とは、シール、ステッカー、ラベルなどの表面に透明のフィルムを貼る処理のことです。ラミネート加工により表面保護(擦れ・色落ち防止)や艶、耐水性、高級感の向上などの効果があります。また、特殊ラミネートフィルムを使用することにより、マット感やシボ感を与えたり、紫外線をカットして印刷の退色を抑えることも出来ます。

主なラミネート材 特徴
PET透明 16μ 一般的。安価。
PET透明 25μ(艶有り) 上記に比べやや厚手のタイプ。
PET透明 25μ(艶消し) 上記の艶無し仕様。

最大サイズ

平圧印刷シールの最大サイズは、220mm×75mmです。

輪転印刷シールの最大サイズは、230mm×150mmです。

※上記サイズより大きなサイズをご希望される場合には、別途ご相談ください。

形状

シールの形状としては、四角形角なし、四角形角R付き、円形、楕円形が多く使用されています。四角形では、剥がれ防止の為、若干の角Rをつける場合が多く、Rが小さいとシャープなイメージになり、Rが大きいとやわらかなイメージになります。
図面やラフスケッチなどで形状をご指定いただくことにより特種な形状も製作させていただきます。

シールの形状

色見本などでご指示いただければ、ご指示いただいた色で印刷させていただきます。また、特に色見本などがなく、例えば「藍」といったご指定の場合は下記の当社標準色を使用させていただきます。

金赤
群青
  • ※実際の印刷色とは多少異なる近似色です。あらかじめご了承ください。
  • ※紙質、ラミネートの有無により若干色調に差が出るためご了承ください。

特殊加工

工業用シールの特殊加工には、ナンバーリング印刷やオーバーラミネート加工、糊殺し加工など、多種多様な加工方法があります。特殊加工については、「特殊加工シール」ページをご覧ください。

検査

通常は目視による全数検査を行っておりますが、必要に応じて、画像検査装置を用いた全数検査を行っています。機械の”目”が微細な汚れやキズ、文字欠け等を見逃しません。このようにコスト対効果を考えたフレキシブルな検査体制を構築しております。

画像検査装置 【画像検査装置】

包装形態

シールの包装形態には、ロール仕上げ、シート仕上げ、折り仕上げがあり、その内、ロール仕上げがもっとも安価となるため、良く使用されています。

ロール仕上げ 【ロール仕上げ】
シート仕上げ 【シート仕上げ】
折り仕上げ 【折り仕上げ】

【ロール仕上げ詳細仕様】

  •  1)内巻・外巻のご指定があればお申し付け下さい。
    外巻はシールが包装外側に見える方向で巻きつけた状態となり、内巻はシールを紙管側にして巻きつけた状態になります。
  •  2)列のご指定があればお申し付け下さい。
  •  3)シールの向き(頭出し/尻出し/左出し/右出し等)にご指定があればお申し付け下さい。
  •  4)紙管サイズ(内径)をご選択下さい。
    紙管サイズは一般的に1インチ(25.4mm)または3インチ(76.2mm)が使用されています。その他特殊サイズについては別途ご相談下さい。
  •  5)一巻ごとの巻数をご指定下さい。
外巻 【外巻】
内巻 【内巻】
ロールの直径早見表
基材 紙管 長さ
10m 20m 30m 40m 50m 75m 100m
上質紙<55> 1インチ 52mm 69mm 87mm 99mm 109mm 132mm 151mm
3インチ 89mm 100mm 116mm 125mm 133mm 152mm 169mm
上質紙<70> 1インチ 59mm 80mm 91mm 104mm 115mm 139mm 159mm
3インチ 93mm 107mm 119mm 129mm 138mm 158mm 177mm
アート紙 1インチ 51mm 67mm 83mm 93mm 103mm 124mm 142mm
3インチ 88mm 99mm 112mm 121mm 128mm 146mm 161mm
ミラーコート紙 1インチ 52mm 69mm 87mm 99mm 109mm 132mm 151mm
3インチ 89mm 100mm 116mm 125mm 133mm 152mm 169mm
PET25μ 1インチ 47mm 61mm 73mm 83mm 92mm 111mm 127mm
3インチ 86mm 95mm 102mm 110mm 116mm 132mm 146mm
PET50μ 1インチ 51mm 67mm 80mm 92mm 101mm 123mm 141mm
3インチ 88mm 99mm 108mm 116mm 124mm 142mm 158mm

製品単価

ドロップダウンメニューで見積仕様を選択することによりご希望される平圧印刷方式で製作する工業用シールの概算製品単価をご覧いただけます。

※この見積計算を利用するためにはJavascriptを有効にしてください。

サイズ(長手方向)  mm × サイズ(短手方向)
mm
素材
ラミネート
色数
数量

【概算製品単価】 ¥ 

  • ※上記概算製品単価には、初期費用および消費税は含まれていません。
  • ※本見積は、概略製品仕様によるお見積りの為、ご注文の際にはご照会願います。
  • ※正式な御見積書が必要な場合には、当社営業担当までお申し付けください。
  • ※平圧印刷方式以外の工業用シールの製品単価については、別途、弊社営業担当までお問合せください。

初期費用

工業用シールの初期費用構成項目として、版下代、フィルム代、刃型代に分けることが出来ます。


①版下代
版下代は、版を作る元となる原稿作成費ですが、難易度により価格は異なります。ごく簡単な内容で4,000円程度です。

②フィルム代
フィルム代は1,800円程度です。ただし、フルカラー印刷の場合には7,100円程度となります。

③刃型代
刃型代は、形状やサイズにより異なりますので、一概にはいえませんが、小さくて単純な四角や丸型で最低2,400円程度必要になります。

  • ※版下データをご支給頂ける場合は、版下代は不要となります。支給データに関しては、「支給データデザインの注意点」ページをご確認ください。
  • ※上記初期費用には、消費税は含まれていません。
  • ※初期費用は、初回発注時のみ必要となり、リピート発注時には、必要ありません。ただし、前回発注より、2年を経過すると廃棄処分するため、再度、必要になります。
  • ※製法により、上記初期費用が変わる場合があります。

納期

版下校正完了後または支給データ確認後、3週間にて承っています。

  • ※製法により、上記納期が変わる場合があります。
  • ※大量ロットでご注文いただいた場合には上記納期が変わる場合があります。
  • ※特急対応については、別途、当社営業担当までご相談ください。

UL・cUL対応

UL・cUL対応については、「UL認定・cUL認定シール」ページをご覧ください。

工業用シール銘板の環境対応

工業用シール銘板の環境対応については、別途、弊社営業担当までお問合せください。

当社からのご提案

現在、ご使用されているシールの用途やご使用環境、購入条件等をお知らせいただければ、当社よりVA提案等の提案をさせていただきます。詳しくは、別途、弊社営業担当までお問合せください。

サンプル・カタログ請求

サンプル・カタログ請求については、別途、弊社営業担当までお申し付けください。