彫刻銘板

彫刻銘板には機械彫り彫刻機を使用して製作するタイプとレーザー加工機を使用して製作するタイプがあります。

機械彫り彫刻銘板

製版などの必要がなく、仕掛は早いが、一本のドリルの移動で彫込むため彫刻時間が長いだけでなく、色入れ、拭取りなど手作業が多く、作業効率が良くありません。極少量の製品か、彫刻の価値を認めた場合に利用されます。アクリル樹脂など粘りの少ない素材を多用します。

サンプルNo.MP-990-002

サンプルNo.MP-990-002

レーザー彫刻銘板

レーザー加工機を使用し、あらかじめ固定表示部分を塗装や印刷した樹脂素材に対し、パソコン制御にて彫込みを行います。フィルムレスで短納期対応可能な銘板として利用されます。

サンプルNo.MP-990-001

サンプルNo.MP-990-001

サンプルNo.MP-990-011

サンプルNo.MP-990-011

価格・納期

彫刻銘板の価格と納期については、当社営業担当者までお問合せください。

サンプル・カタログ請求

サンプル・カタログ請求については、別途、弊社営業担当までお申し付けください。