コード概要

コード外観 NW-7
規格 JIS X0506
キャラクタ・セット 数字(0~9)、記号(-、$、:、/、.、+)
スタート・ストップキャラクタ a、b、c、d
コードタイプ 分離型(Discrete)
体系 バイナリレベル(2値幅シンボル体系)
データキャラクタ バー4本、スペース3本(太エレメント2本、細エレメント5本)
情報量 シンボルの長さ 可変長
キャラクタ密度 約5字/㎝
太エレメント細エレメント比 2.0~3.0
最小モジュール幅 0.191㎜
両方向走査 可能
自己チェック機能 あり
チェックデジット 利用するか選択できます
最小クワイエットゾーン モジュール幅の10倍または2.54㎜の大きい方(手動で走査する場合は6.35㎜以上推奨)
使用実績例 図書館における貸出管理、血液銀行の管理、宅配便の配送など

NW-7の概要

NW-7は、モナークマーキング社(アメリカ)が1972年に開発した比較的初期のバーコードです。日本では主にNW-7と呼ばれていますが、CODABAR、Code 2 of 7と呼ばれることもあります。NW-7では一つのキャラクタを表すのに、Narrow(狭い)とWide(広い)幅の、7本のバーとスペースを用いており、その特徴が名称の由来になっています。比較的単純な構成のバイナリレベルのバーコードのため、高精度の印刷は要求されません。

NW-7の特徴

○読取精度が高い
ITF(INTERLEAVED 2 of 5)と比較して、情報密度は低いものの桁落ちが少ないという特徴があります。桁落ちとは、桁数を少なく読取ってしまう現象のことです。

NW-7の構成・用語

○バー・スペース

バー

バー及びスペースとは、NW-7を構成する最小単位のことです。NW-7ではそれぞれ2種類の太さがあります。

○スタート・ストップキャラクタ

スタート・ストップキャラクタ

スタート・ストップキャラクタとは、コードの始まりと終わりを示すキャラクタです。NW-7では、A、B、C、D(a、b、c、d)のいずれかが使用されます。

○チェックデジット

チェックデジット

NW-7は、チェックデジットを利用するか選択できます。また、利用できるチェックデジットはいくつか種類があります。

○キャラクタ間ギャップ

キャラクタ間ギャップ

キャラクタ間ギャップとは、それぞれのキャラクタの間のスペースのことを言います。通常はナローバーと同じ幅のスペースです。

○クワイエットゾーン

クワイエットゾーン

クワイエットゾーンとは、コードの左右にある空白の部分です。クワイエットゾーンは、モジュール幅の10倍または2.54㎜のいずれか大きい値の余白が必要となります。

代表的なチェックデジット

NW-7(CODABAR)では、様々なチェックデジットが利用されています。

○モジュラス10 ウェイト2・1分割(M10W21)

<計算式>
①データの末尾の桁からウエイトを2.1.2.1.とかけます。
②ウエイトを乗じた数が2桁になる場合は 1桁ごとに分けて加算し総和を求めます。
③総和を"10"で割りその余りを求めます。
④"10"より余りを引いた値がチェックデジットとなります。

<計算例> (例)12345678
①(8×2)+(7×1)+(6×2)+(5×1)+(4×2)+(3×1)+(2×2)+(1×1)=16+7+12+5+8+3+4+1
②(1+6)+7+(1+2)+5+8+3+4+1=38
③38/10=3 余り8
④10-8=2 チェックデジット「2」 ※余りが0の場合はチェックデジット「0」

○モジュラス10 ウェイト2・1一括(M10W21)

<計算式>
①データの末尾の桁からウエイトを2.1.2.1.とかけてゆき総和を求めます。
②総和を"10"で割りその余りを求めます。
③"10"より余りを引いた値がチェックデジットとなります。

<計算例> (例)12345678
①(8×2)+(7×1)+(6×2)+(5×1)+(4×2)+(3×1)+(2×2)+(1×1)=16+7+12+5+8+3+4+1=56
②56/10=5 余り6
③10-6=4 チェックデジット「4」 ※余りが0の場合はチェックデジット「0」

○モジュラス10 ウェイト3・1

<計算式>
①データの末尾の桁からウエイトを3.1.3.1.とかけてゆき総和を求める。
②総和を"10"で割りその 余りを求める。
③"10"より余りを引いた値がチェックデジットとなる。

<計算例> (例)12345
①(5×3)+(4×1)+(3×3)+(2×1)+(1×3) =33
②33/10=3 余り3
③10-3=7 チェックデジット「7」 ※余りが0の場合はチェックデジット「0」

○モジュラス11 ウェイト2~7(M11W2~7)

<計算式>
①データの末尾の桁からウエイトを2.3.4.…7.とかけてゆき、ウエイトが7を越えるときは、再び2.から3.4.とかけていき総和を求めます。
②総和を"11"で割りその 余りを求めます。
③"11"より余りを引いた値がチェックデジットとなります。

<計算例> (例)12345678
①(8×2)+(7×3)+(6×4)+(5×5)+(4×6)+(3×7)+(2×2)+(1×3)=16+21+24+25+24+21+4+3=138
②138/11=12 余り6
③11-6=5 チェックデジット「5」 ※余りが0の場合はチェックデジット「0」、余りが1の場合はチェックデジット「0」

○モジュラス11 ウェイト1~0(M11W1~0)

<計算式>
①データの末尾の桁からウエイトを1.2.3.…とかけてゆき総和を求めます。
②総和を"11"で割りその 余りを求めます。
③"11"より余りを引いた値がチェックデジットとなります。

<計算例> (例)12345678
①(8×1)+(7×2)+(6×3)+(5×4)+(4×5)+(3×6)+(2×7)+(1×8)=8+14+18+20+20+18+14+8=120
②120/11=10 余り10
③11-10=1 チェックデジット「1」 ※余りが0の場合はチェックデジット「0」、余りが1の場合はチェックデジット「0」

○セブンチェック(7DR及び7DSR)

<計算式>
①データを7で割り、余りを求めます。(7DR)
②さらに、7から余りを引きます。(7DSR)

<計算例> (例)12345
①12345/7=1763 余り4 チェックデジット「4」(7DR)
②7-4=3 チェックデジット「3」(7DSR)

○ナインチェック(9DR及び9DSR)

<計算式>
①データを9で割り、余りを求めます。(9DR)
②さらに、9から余りを引きます。(9DSR)

<計算例> (例)12345
①12345/9=1371 余り6 チェックデジット「6」(9DR)
②9-6=3 チェックデジット「3」(9DSR)
  • ※上記のチェックデジットのご使用で、万一トラブルや損失・損害等が発生したとしても、弊社は一切責任を負わないものとします。

お問合せ

NW-7についてのご質問は、弊社営業までお気軽にお問合せ下さい。 弊社営業窓口

サイトマップ