RFID関連製品

RFIDラベル・タグ・カードは、RFIDインレイ(アンテナ付ICチップ)を埋め込み加工したラベル・タグ・カードです。お客様のご要望に応じて、さまざまなタイプのRFIDインレイをラベル・タグ・カード化いたします。

非接触型ICカード

RFIDラベル

RFIDタグ

※記載されている商品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。
※RFIDは衝撃や曲げ応力などの外部圧力に弱いため、外部圧力がかかる環境でご使用される際は事前にご連絡ください。

RFID(RF-ID)とは?

RFID(RF-ID)とは、「Radio Frequency Identification」の略で、非接触通信による自動認識技術です。RFIDにより、対象物に取り付けられる小型のRFIDインレイ(アンテナ付ICチップ)とリーダー・ライターとの間で非接触によるデータ更新が可能となります。

RFIDインレイとは?

RFIDインレイとは、PETフィルムなどの上にICチップとアンテナを配置したアンテナ付ICチップです。RFIDインレイやRFIDインレーと呼ばれる場合もあります。

RFタグとは?

「JIS X0500:データキャリア用語」では、RFIDをタグ化したものを「RFタグ」と定義づけています。一般的には、電子タグや無線タグ、ICタグなども同義語として使用されています。

RFタグの種類

パッシブタグとアクティブタグ、セミアクティブタグの3種類があります。

RFタグの種類 概要
パッシブタグ パッシブタグは、リーダからの電波をエネルギー源として動作するRFタグです。アクティブタグと比べ、通信距離は短くなりますが、安価となります。
アクティブタグ アクティブタグは、電池を内蔵したタイプのRFタグです。
セミアクティブタグ セミアクティブタグは、パッシブタグとアクティブタグ両方の機能をあわせ持つRFタグです。

RFIDの特徴

  • 〇非接触でのデータの読込みおよび書込みが出来ます。
  • 〇複数のタグのデータ同時読込みが出来ます。
  • 〇個別のID番号が設定されている為、セキュリティ性に優れています。

自動認識ラベル・銘板・タグ製作の流れ

一般的な自動認識ラベル・銘板・タグの製作の流れは、下記の通りです。


①製品仕様打合せ
自動認識ラベル・銘板・タグは、使用目的や製作数量等により、適している製法、素材が異なり、その選択には十分な検討が必要となります。 自動認識ラベル・銘板・タグのご選定に迷われる場合はお気軽に弊社営業担当までご相談ください。その際には、下記の点についてお知らせください。
  • (1)用途
  • (2)使用環境
  • (3)使用期間
  • (4)使用予定数量
  • (5)現状の製品仕様
  • (6)現状の問題点
  • (7)その他、ご要望事項
  • ※東京および名古屋近郊のお客様は、必要に応じてお打合せにお伺いさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊以外のお客様は、基本的に電話およびメールでの対応となります。

②製品仕様・価格のご確認
上記打合せ後、弊社から推奨製品仕様および製品価格を類似製品サンプル等で提示させていただきます。

③ご発注
製品仕様および製品価格にご納得いただけましたら、書面でご発注ください。

④版下原稿作成
版下原稿とは、製版して印刷するための元になるものです。

⑤製作
製作期間は、自動認識ラベル・銘板・タグの製品種別、数量、弊社繁忙状況等によってかわりますが、概ね1ヵ月程度です。

⑥お届け
基本的に宅配便によりお届けさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊のお客様は、必要に応じて納品にお伺いさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊以外のお客様は、基本的に宅配便での納品となります。

お問合せ、サンプル・資料請求

ご質問、サンプル・資料請求については、弊社営業までお気軽にお問合せ下さい。 弊社営業窓口

サイトマップ