HOME >製品情報 >自動認識ラベル・銘板・タグ

自動認識ラベル・銘板・タグ

自動認識ラベル・タグ・銘板サンプル

JAN、NW-7、CODE39、ITFなどの一次元バーコードやQRコードなどの二次元コード、RFIDインレイ(PETフィルムなどの上にICチップとアンテナを配置したアンテナ付ICチップ)などを印刷・加工したラベル・銘板・タグ製品です。商業、工業、流通等、各種の管理、効率化において欠かせない製品です。

 自動認識種別製品

バーコードラベル バーコード銘板・タグ
RFID関連製品

自動認識とは?

自動認識とは、機器によって自動的にバーコード、二次元コード、磁気、RFIDなどのデータを取込み、内容を認識することです。

※バーコードの詳細については、「バーコード基礎知識」ページをご覧ください。

※二次元コードの詳細については、「二次元コード基礎知識」ページをご覧ください。

自動認識種別製品一覧

弊社では主に下記のような用途に応じた製品を取り扱っております。

  • ラベル
  • 銘板・タグ
  • RFID

※記載されている商品名、会社名などの固有名詞は各社の商標または登録商標です。

自動認識ラベル・銘板・タグ製作の流れ

一般的な自動認識ラベル・銘板・タグの製作の流れは、下記の通りです。


①製品仕様打合せ
自動認識ラベル・銘板・タグは、使用目的や製作数量等により、適している製法、素材が異なり、その選択には十分な検討が必要となります。 自動認識ラベル・銘板・タグのご選定に迷われる場合はお気軽に弊社営業担当までご相談ください。その際には、下記の点についてお知らせください。
  • (1)用途
  • (2)使用環境
  • (3)使用期間
  • (4)使用予定数量
  • (5)現状の製品仕様
  • (6)現状の問題点
  • (7)その他、ご要望事項
  • ※東京および名古屋近郊のお客様は、必要に応じてお打合せにお伺いさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊以外のお客様は、基本的に電話およびメールでの対応となります。

②製品仕様・価格のご確認
上記打合せ後、弊社から推奨製品仕様および製品価格を類似製品サンプル等で提示させていただきます。

③ご発注
製品仕様および製品価格にご納得いただけましたら、書面でご発注ください。

④版下原稿作成
版下原稿とは、製版して印刷するための元になるものです。

⑤製作
製作期間は、自動認識ラベル・銘板・タグの製品種別、数量、弊社繁忙状況等によってかわりますが、概ね1ヵ月程度です。

⑥お届け
基本的に宅配便によりお届けさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊のお客様は、必要に応じて納品にお伺いさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊以外のお客様は、基本的に宅配便での納品となります。

お問合せ、サンプル・資料請求

ご質問、サンプル・資料請求については、弊社営業までお気軽にお問合せ下さい。 弊社営業窓口

サイトマップ