バーコード銘板・タグ

JAN、NW-7、CODE39、ITFなどの一次元バーコードやQRコードなどの二次元コードを印刷・加工した銘板・タグ製品です。

製品サンプル

バーコード体系

バーコードには様々な体系があるため、目的に合致したものを選択する必要あります。当社で主に製作しているバーコード体系は下記の通りです。

JAN(EAN)NW-7Code39ITFCode128、Code11、Code93

※上記以外にも様々なバーコードに対応させていただきます。詳しくは、当社営業担当者までお問合せください。

ナローバー幅およびナローバー/ワイドバー比率

バーコードの幅およびワイドバーとの比率は、印字するプリンタの解像度により異なります。ご指定のサイズ、比率があれば、お申し付けください。また、特にご指定いただかない場合には、製品サイズにあわせ、当社で選定させていただきます。

桁数(チェックデジット含む)

チェックデジットを含めた桁数を決めます。ITFの場合、奇数桁数は選択できないので注意が必要です。

チェックデジット

バーコードのチェックデジットには様々な種類があります。チェックデジットを付加するか否か、付加する場合には、チェックデジットの種類を選択してください。当社で主に製作しているチェックデジットは下記の通りです。

  • ○モジュラス10 ウェイト3・1
  • ○モジュラス10 ウェイト2・1分割
  • ○モジュラス10 ウェイト2・1一括
  • ○モジュラス11 ウェイト2~7
  • ○モジュラス11 ウェイト1~0
  • ○セブンチェック(7DR及び7DSR)
  • ○ナインチェック(9DR及び9DSR)
  • ○モジュラス43
  • ○モジュラス103

※上記以外にも様々なチェックデジットに対応させていただきます。詳しくは当社営業担当者までお問合せください。

バーコード高さ

バーコードの高さを決めます。一般的には10mm以上、最低でも3mm以上は必要です。

バーコードルビ書体とスタートコード/ストップコードのルビ表示有無

通常、バーコードルビの書体にはOCR-B擬似フォントを使用します。それ以外の書体では、一般に明朝体およびゴシック体を選択します。また、NW-7やCode39の場合にはスタートコードおよびストップコードをルビの表示に加えるか否かを決めます。

例:Code39ルビの表示有りの場合には、「*1234*」のように表示されます。

バーコードとは?

バーコードは、「幅が変化する平行かつ長方形のバーとスペースの配列によって情報をコード化したシンボル」(社団法人日本自動認識システム協会)と定義されています。

自動認識ラベル・銘板・タグ製作の流れ

一般的な自動認識ラベル・銘板・タグの製作の流れは、下記の通りです。


①製品仕様打合せ
自動認識ラベル・銘板・タグは、使用目的や製作数量等により、適している製法、素材が異なり、その選択には十分な検討が必要となります。 自動認識ラベル・銘板・タグのご選定に迷われる場合はお気軽に当社営業担当までご相談ください。その際には、下記の点についてお知らせください。
  • (1)用途
  • (2)使用環境
  • (3)使用期間
  • (4)使用予定数量
  • (5)現状の製品仕様
  • (6)現状の問題点
  • (7)その他、ご要望事項
  • ※東京および名古屋近郊のお客様は、必要に応じてお打合せにお伺いさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊以外のお客様は、基本的に電話およびメールでの対応となります。

②製品仕様・価格のご確認
上記打合せ後、当社から推奨製品仕様および製品価格を類似製品サンプル等で提示させていただきます。

③ご発注
製品仕様および製品価格にご納得いただけましたら、書面でご発注ください。

④版下原稿作成
版下原稿とは、製版して印刷するための元になるものです。

⑤製作
製作期間は、自動認識ラベル・銘板・タグの製品種別、数量、当社繁忙状況等によってかわりますが、概ね1ヵ月程度です。

⑥お届け
基本的に宅配便によりお届けさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊のお客様は、必要に応じて納品にお伺いさせていただきます。
  • ※東京および名古屋近郊以外のお客様は、基本的に宅配便での納品となります。