TOM成形品

TOM成形品

TOM(Three dimension Overlay Method)成型品とは、様々な形状の基材の表面に、特殊なフィルムを貼り合せることで、意匠性及び機能性を高めた製品です。塗装加工やメッキ加工と比較して、基材の材質を選ばない、触感も含めた豊かな表現や様々な機能の付加が可能、環境への負荷が少ない、といった利点があります。そのため、高い意匠性と機能性が求められる自動車の内装品に多く使用されています。

製品事例

サンプルNo.el-000-290

サンプルNo.el-000-290

サンプルNo.el-000-296

サンプルNo.el-000-296

サンプルNo.el-000-297

サンプルNo.el-000-297

フィルム

TOM成形品のフィルムは、様々なデザインがあります。フィルムをそのまま貼り付けるので、TOM成型品にはフィルムの触感や質感をそのまま残すことが可能です。また、フィルム自体に防水・防汚といった機能を持たせることにより、TOM成型品にもその機能を付加することができます。

film01 film02

TOM成形の製法

  • ①基材とフィルムを装置にセットします。
  • ②装置を密閉状態にし、フィルムを熱して軟化させます。また、下のボックスを減圧し、真空状態にします。
  • ③基材を突き上げ、同時に上のボックスに加圧し、フィルムを基材を密着させます。
  • ④型から基材を取り外し、余分なフィルムをトリミングします。

価格・納期

TOM成形品の価格、納期、製品情報詳細については、弊社営業担当者までお問合せください。

お問合せ、サンプル・資料請求

ご質問、サンプル・資料請求については、弊社営業までお気軽にお問合せ下さい。 弊社営業窓口

サイトマップ