ITF(INTERLEAVED 2 of 5)

標準物流コードとして段ボールなどの梱包材に表示され、梱包内容の識別用に利用されています。重量等を表示できるアドオンバージョンもあります。

itf

コード概要

概 要 スペースあたりの文字密度が高い
バ ー 黒バー・白バー共に太バーと細バー各2種
データキャラクタ 黒白10本のバーにて2つのキャラクタを構成
キャラクタ・セット 数字(0~9)
シンボルの長さ 偶数桁可変長
チェックデジット 特に必要ありませんが、付加することをお勧めします
使用実績例 標準物流コードとしてJIS化、ビデオバーコード予約

代表的なチェックデジット(モジュラス10 ウェイト3・1)

<計算式>
①データの末尾の桁からウエイトを3.1.3.1.とかけてゆき総和を求めます。
②総和を"10"で割りその 余りを求めます。
③"10"より余りを引いた値がチェックデジットとなります。
<計算例> (例)12345
①(5×3)+(4×1)+(3×3)+(2×1)+(1×3) =33
②33/10=3 余り3
③10-3=7 チェックデジット「7」 ※余りが0の場合はチェックデジット「0」
  • ※当サイトに掲載されているチェックデジットのご使用で、万一トラブルや損失・損害等が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとします。