コード概要

コード外観 GS1 DataBar Limited
規格 ISO 24724
JIS X0509
キャラクタ・セット 数字(0~9)
コードタイプ 連続型(Continuous)
体系 マルチレベル((n,k)シンボル体系)
シンボルの長さ 固定(14桁)
倍率 0.8~2.0の範囲で縮小、拡大が可能
最小モジュール幅 0.25㎜(医療業界では0.17㎜)
シンボル高さ モジュール幅の10倍以上
両方向走査 可能
自己チェック機能 あり
チェックデジット 自動的に設定されます。(モジュラス89/非表示)
最小クワイエットゾーン 不要

GS1 DataBarタイプ2の概要

GS1 DataBarタイプ2には、GS1 DataBarの中でもっともシンボルサイズが小さいGS1 DataBar Limited(限定型)があります。GS1 DataBar Limitedは、属性情報を表現することはできませんが、GTIN-13、GTIN-12、GTIN-8に加えて、先頭のインジケータが1のGTIN-14を表現することができます。また、GS1 DataBar Limitedは、レーザー式定置型バーコードリーダでは読取ることができませんが、シンボルサイズが非常に小さいため、国内の医薬品の標準シンボルとして利用されています。

GS1 DataBarタイプ2の構成・用語

○バー・スペース

バー

バー及びスペースとは、GS1 DataBarを構成する最小単位のことです。GS1 DataBarタイプ2ではそれぞれ4種類の太さがあります。

○ガードパターン

ガードパターン

ガードパターンとは、コードの両端にあるバーパターンのことです。読取りエラーを防ぐ為に必要です。

○チェックデジット

チェックデジット

GS1 DataBarタイプ2のチェックデジットはモジュラス89で計算しますが、ルビとして表示はされません。また、GS1 DataBarタイプ2には、ファインダパターンがありませんが、チェックデジットに位置を検知する機能があります。GTINのチェックデジット(モジュラス10ウェイト3・1)はルビに表示されていますが、シンボル内にデータとしては収納されていません。

○アプリケーション識別子(AI)

アプリケーション識別子(AI)

アプリケーション識別子(AI)とは、GS1 DataBarで属性情報を表現する際に使用するコードです。アプリケーション識別子は、その後ろに配置されるデータが、どのような情報なのかを定義します。GS1 DataBarタイプ2はGTINしか表現できないため、使用されるアプリケーション識別子は必ず(01)になります。また、GS1 DataBarタイプ2のアプリケーション識別子はルビに表示されていますが、シンボル内にデータとしては収納されていません。
※GTINについては、「GTIN(Grobal Trade Item Number)」をご覧ください
※アプリケーション識別子については、「GS1アプリケーション識別子(AI)」をご確認ください。

お問合せ

GS1 DataBarタイプ2についてのご質問は、弊社営業までお気軽にお問合せ下さい。 弊社営業窓口

サイトマップ