コード概要

コード外観 GS1 DataBar Omni-directional
規格 ISO 24724
JIS X0509
キャラクタ・セット ISO 646サブセット(数字、アルファベット、記号)、ファンクションキャラクタ
コードタイプ 連続型(Continuous)
体系 マルチレベル((n,k)シンボル体系)
シンボルの長さ 可変長
倍率 0.8~2.0の範囲で縮小、拡大が可能
最小モジュール幅 0.25㎜(医療業界では0.17㎜)
シンボル高さ モジュール幅の34倍以上
両方向走査 可能
自己チェック機能 あり
チェックデジット 自動的に設定されます。(モジュラス211/非表示)
最小クワイエットゾーン 不要

※上記の表は、GS1 DataBar Expanded(拡張型)の値

GS1 DataBarタイプ3の概要

GS1 DataBarタイプ3には、GS1 DataBarタイプ3の基本形であるGS1 DataBar Expanded(拡張型)と、GS1 DataBar Expanded(拡張型)を分割し積み重ねたGS1 DataBar Expanded Stacked(拡張多層型)の、計2種類のバージョンがあります。GS1 DataBarタイプ3はGTIN以外にも属性情報を表すことができます。

GS1 DataBarタイプ3の構成・用語

○バー・スペース

バー

バー及びスペースとは、GS1 DataBarを構成する最小単位のことです。GS1 DataBarタイプ3ではそれぞれ4種類の太さがあります。

○ガードパターン

ガードパターン

ガードパターンとは、コードの両端にあるバーパターンのことです。読取りエラーを防ぐ為に必要です。

○チェックデジット

チェックデジット

GS1 DataBarタイプ3のチェックデジットはモジュラス211で計算しますが、ルビとして表示はされません。GTINのチェックデジット(モジュラス10ウェイト3・1)はルビに表示されていますが、シンボル内にデータとしては収納されていません。

○ファインダパターン

ファインダパターン

GS1 DataBarタイプ3には、位置検出用のファインダパターンがあるため、クワイエットゾーンがなくても読取りが可能です。

○アプリケーション識別子(AI)

アプリケーション識別子(AI)

アプリケーション識別子(AI)とは、GS1 DataBarで属性情報を表現する際に使用するコードです。アプリケーション識別子は、その後ろに配置されるデータが、どのような情報なのかを定義します。GS1 DataBarタイプ3はGTIN以外にも様々な属性情報を表現することができます。
※GTINについては、「GTIN(Grobal Trade Item Number)」をご覧ください
※アプリケーション識別子については、「GS1アプリケーション識別子(AI)」をご確認ください。

○GS1 DataBar Expanded(拡張型)

GS1 DataBar Expanded(拡張型)

GS1 DataBar Expanded(拡張型)とは、GS1 DataBarタイプ3の基本形となるバーコードで、GTINと属性情報を表すことができます。属性情報とは、ロット番号や重量、販売期限などの情報のことで、アプリケーション識別子を使用することで表現します。最大で数字74桁または英字41桁まで収納できます。

○GS1 DataBar Expanded Stacked(拡張多層型)

GS1 DataBar Expanded Stacked(拡張多層型)

GS1 DataBar Expanded Stacked(拡張多層型)とは、GS1 DataBar Expandedを分割し2~11段に積み重ねたシンボルで、3段の分離パターンによって分けられています。分離パターン1段の高さは、1モジュール幅と同じです。GS1 DataBar Stacked Expandedは、球面体など、横幅がとりにくい商品への使用を想定しています。

サイトマップ