Code128

フルアスキー128文字(数字・アルファベット大文字/小文字・記号・制御コード)を表現できる。つまりコンピュータのキーボードを表わすことができるため、コンピュータとの相性がよいと言える。

Code128

コード概要

概 要 フルアスキーの128文字をコード化
バ ー 太・細4種のバーとスペース
データキャラクタ 3本のバーと3本のスペース11モジュールでキャラクタ構成
キャラクタ・セット フルアスキー
シンボルの長さ 可変長
チェックデジット 必要(モジュラス103)

チェックデジット(モジュラス103)

<計算式>
①スタートコードに1をかけ、次のキャラクタから順にウエイトを1,2,3,4,5...とかけます。
②総和を103で割り、余りを求めます。
③余りに対応するキャラクタを求めます。
<計算例> (例)START C・FNC1・12・34・56・CODE B・X・7・8・9・STOP
①1×105+1×102+2×12+3×34+4×56+5×100+6×56+7×23+8×24+9×25 = 1971
②1971/103=19 余り14
③14=「14」または「.」 チェックデジット「14」または「.」
  • ※当サイトに掲載されているチェックデジットのご使用で、万一トラブルや損失・損害等が発生したとしても、当社は一切責任を負わないものとします。