二次元コード

二次元コードとは、水平方向と垂直方向に情報を持つコードで、バーコードが水平方向(一次元)にしか情報を持たないのに対し、そのように呼ばれています。バーコードより小さなスペースで多くの情報を入れることができ、種類によって異なりますが、大きいものでは数字で3,000字以上のものや、漢字で1,800字以上を収容できるものもあります。

QRコード

QR Codeは、純国産の新しいマトリクス型2次元コード、Quick Response Codeの略で、全方向・高速読み取りが可能です。 英数字、カナ、バイナリデータはもちろん漢字も効率的に表現でき、大容量データの省スペース化が可能です。 コードの最大30%が汚れ、破損しても読み取り可能。さらに小さなスペースには、省スペース・少量データ用途に最適なマイクロQRコードがあります。

QR

PDF417

PDFとは、ポータブルデータファイル(Portable Data File)の略。417の4とは、4つのバーとスペースを、17はバー/スペースの最小単位であるモジュールが合計17であることを示しています。世界で広く普及していて、大容量データのコード化が可能で文字の他、写真画像・サインなどもデジタルデータとして記録することが可能です。

MaxiCode

MaxiCodeは、小荷物の管理と仕分け追跡のために開発された、比較的小容量データ用の2次元コードです。高速で、360°の読取が可能です。

VeriCode

VeriCodeの誤り訂正を強化した新バージョンでは、部品や値札用などの小シンボルを想定しているため、比較的小容量です。米国の宇宙プロジェクトで、部品管理に使用された例がよく知られています。

vericode